村上春樹レヴューのブログ

自称村上主義者のボクが独自の切り口で作品を紹介します。

【ローマ帝国の崩壊・一八八一年のインディアン蜂起・ヒットラーのポーランド侵入・そして強風世界】「パン屋再襲撃」より

f:id:Miyuki_customer:20210418100150j:plain

本作は長いタイトルに反して本文は12ページと短く、歴史の史実にも深入りしていないので読みやすいかと思います。タイトル中の「ヒットラー~」の部分が目に留まったのか、ドイツ語に直訳された最初の作品となりました。ドイツではかつて村上作品の重訳(英訳⇒独訳)をめぐる論争も起きていて、真面目なドイツ人気質を見る思いがします。

 

【あらすじ】

台所でテーブルの前に座って一週間分の日記をつけている途中で、窓の外を吹き抜けていく激しい風のうなりに気づいた。予報では降水確率0%の全盛時のローマ帝国のような平和な日曜日であるはずなのに。僕は今日一日の出来事の簡単なメモに「ローマ帝国の崩壊」と記した。

 

【一週間分の日記】

そのとき僕はいつものようにーーーつまりいつも日曜日の午後にそうするようにーーー台所のテーブルの前に座って害のない音楽を聴きながら一週間ぶんの日記をつけていた。僕は毎日の出来事を簡単にメモしていて、日曜日にそれをきちんとした文章にまとめることにしているのだ。

 

「僕」は22年間欠かすことなく日記を続けています。彼は数値化された情報こだわり、映画や音楽のやや偏った趣味をもち、セックスに他愛もない刺激を求めるこの世界ではごく普通の社会人として描かれています。

 

【強風世界】

 「でも、どうして突然あんな激しい風が吹いて、それがまたぱたりとやんじゃったんだろう?」と僕は彼女にたずねてみた。「さあ、わからないわ」と彼女は僕に背中を向けて、爪の先で海老の殻をむきながら言った。「風については私たちの知らないことはいっぱいあるのよ。・・・」

 

風が止むと何ひとつとして変わらない世界の容貌とそのシステムが残されました。「僕」は窓の外で吹き荒れた強風の意味についてぼんやりと思いを巡らせています。この歴史が終焉してしまった世界で。

 

【歴史の終わり】

国家の成立、発展、崩壊を繰り返す過程を近代化のプロセスと考えれば、民主主義と自由経済が実現した安定持続社会はその最終形態と見なすことも出来ます。政治経済学者のフランシス・フクヤマはこのような状況を《歴史の終わり》と呼びました。その一方で人々の関心は個別細分化し、社会通念を持たない個人史を刻んでいくとされています。

 

本作に登場する「ローマ帝国の崩壊」「1881年のインディアン蜂起」「ヒットラーポーランド侵入」といった政治体制の興亡の史実は日記を記述するためのメモ書きとして扱われていて、これは《歴史の終わり》的状況を風刺したものと思われます。さらに日記の中身はといえば事実に反することも紛れ込んでいたりして、孤立化していく個人の脆弱さを暗示しています。

 

   2021年の現在、物語のディストピア観は急速に現実味を帯びてきました。

 

主人公の「僕」に劣らず日々のデジタル情報に右往左往し、映画や音楽の趣味は偏向的で、性的嗜好はともかく吹き荒れるコロナ禍の猛風世界を呆然と見届けるしかないボクは、愚にもつかないブログを今日も更新しています(-_-;)