村上春樹レヴューのブログ

自称村上主義者のボクが独自の切り口で作品を紹介します。

【三つのドイツ幻想】「蛍・納屋を焼く・その他の短編」より

f:id:Miyuki_customer:20210418100137j:plain


この連作には、独特の存在感を放つ《博物館》《要塞》《空中庭園》が登場します。一見するとバラバラにも思える3つの物語の繋がりを読み解いてみたいと思います。

 

【冬の博物館としてのポルノグラフィー】

セックスが、潮のように博物館の扉を打つ。柱時計が午前十一時の鋭角を刻む。冬の光は床を舐めるように低く、部屋の中心にまで届いている。僕はゆっくりとフロアを横切り、かけがねをはずし、扉をあける。

 

「僕」はセックスについて考えるといつも《冬の博物館》のなかで本能の下僕として働く自分を思い描く。そこで「僕」は孤児のようにうずくまって温もりをもとめている。

 

ヘルマン・ゲーリング要塞 1983】

要塞の中には二千人のSS戦闘部隊が何ヵ月もたてこもれるだけの食料と飲料水と弾薬が常に配備されていた。秘密の地下道が迷路のごとくめぐらされ、巨大なエア・コンディショナーが新鮮な大気を要塞の中に送り込んでいた。たとえロシア軍・英米軍が首都を包囲しようとも我々は敗れることはない、とヘルマン・ゲーリングは豪語した。

 

確かにロシア軍の火炎放射にも高性能爆薬にも崩れなかった《要塞》。ただし、ゲーリング率いるナチス親衛隊は壊滅し、捕らえられた彼はニュルンベルク裁判中に服毒自殺を遂げた。

 

【ヘルWの空中庭園

空中庭園のサイズはおおよそ縦8メートル、横5メートルというところだ。それは、空中庭園であることをべつにすれば、まるで普通の庭と変わるところがなかった。というかそれは地上の基準からすれば、明らかに三級品の庭だった。

 

ヘルWの《空中庭園》はベルリンの壁のすぐわきの4階建てのビルの屋上から15センチの場所に浮かんでいた。夏には毎日派手なパーティーが行われ、酔った客人が3階の庇まで落っこちたこともあるという。

 

【人間の性】

バタイユは『死によって失われる生の連続性に対する欲望』を《エロティシズム》と定義しました。それは、死の恐れ・孤独の不安を打ち消すために禁忌をあえて破り侵犯するという行為となって現れます。

 

例えば、戦争における暴力、宗教における生贄、そして性行為は《エロティシズム》の代表的な三形態であると彼は語っています。

 

本作は、東西ドイツで見聞した物事が、イデオロギーや文化背景などよりも《エロティシズム》から来る人間の性(サガ)もしくは幻想にあることを解き明かします。

 

千年王国を妄想したヘルマン・ゲーリングとひと夏の享楽にいそしむヘルWは、傍目には思想的対極に位置する人物に見えるかもしれません。しかし、二人が作り出した《要塞》と《空中庭園》への常軌を逸した執着は、この世界に一人投げ落とされ孤独のうちに死んでいく恐怖に対する反動のように映ります。

 

     孤独から目をそらさずに穏やかに生きていく術はあるのでしょうか?

 

 混迷する世の中は表層的な危機を煽りますが、人間の性といった本質的なものを覆い隠してしまってはいないでしょうか。《冬の博物館》が暗示する内的世界とのつながりを見失わないことが、大切なことのようにボクには思えるのですが。